hedサムズアップ
ロゴ



サービス
EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは
EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、電流を流して筋肉を鍛える運動法です。
1960年代に開発され、現在では、各種スポーツ選手の筋肉増強や一般のシェイプアップ、医療用リハビリテーション、生体治療(特に神経麻痺、リウマチ等)などで幅広く活用されています。
EMSにおける電気刺激は、出力や周波数、その他の刺激条件を任意に、安易に変化させられますので、適切な条件で実施でき、きわめて高い効果が得られます。実施の方法は簡単で、しかも副作用等も目立つものはありません。
EMSによる筋肉収縮運動は、自己の意志による場合と全く同じメカニズムで行われますが、自己意志による最大筋力よりも筋力値が高いため、効果的なトレーニングが可能になります。
けれども、それらはすべて適切な器具を用い、適切な方法で活用されなければ効果も薄れることは、言うまでもないことです。

筋肉の収縮には必ずエネルギーが必要となります。このエネルギーは脂肪・糖を燃焼することから得ます。また、筋力が高くなると、基礎代謝がアップします。
これにより、EMS運動の直接的なエネルギー消費(脂肪・糖の燃焼)はもちろん、太りづらい体質ができてリバウンドがありません。
EMSはもともと、脳卒中などの後遺症でリハビリテーション中の方たちの医療用運動機能訓練装置として、幅広く活用されたという経緯を持っています。
電気の刺激が筋肉を動かすので、実際に身体を動かす必要もなく、筋肉の衰えた高齢の方にも安心してご利用いただけます。 寝たままでも使用できるので、病後のトレーニングにも活用できます。
また、肥満を解消することによって、膝の痛みや腰痛、生活習慣病のリスクを減らします。逆に、膝の痛みや腰痛を取り除く事により、自然と日常生活での運動量が上がり肥満解消にもつながります。
EMSは、ウエスト引き締め、二の腕の引き締め、ヒップアップ、バストアップなど、シェイプアップしたい部分に使うことも可能です。

脂肪は筋肉の中でしか燃焼しない!
『脂肪』はいわゆる『貯金』みたいなもの。余ったものをためているのです。
それを消費するには、『収入=食べる量』を減らすか、『支出=運動(筋肉量)』を増やすかしかありません。
今までのダイエット法は、食事制限を極端に行ったものもかなりありましたが、これは体の機能を害する事も多々ありました。
ちなみに1ヶ月で体重の5%以上ダイエットしたら、必ずリバウンドがあります。体は、飢餓状態となり食事をすべて『貯蓄』にまわし出すからです。
運動によるダイエットは、収入<支出になれば当然貯蓄は減り出すのですが、なぜ運動すれば貯蓄は減るのでしょうか?
それは、脂肪は筋肉の中でしか燃焼しないからです。
EMSは、電気的に筋肉運動をさせ筋肉を増強し、その結果脂肪が燃焼する事になるのです。
ちなみに、太ってない人でも体脂肪が高い人がいます。それは『内臓脂肪型』の人で種々の内臓疾患をひき起こす可能性があります。
今、ウエスト回りのダイエットを重視されるのは、そんな内臓脂肪型を減らし、健康的なダイエットを行う意味もあるのです。

肥満症チェック脂肪燃焼には赤筋(遅筋)!
筋肉には赤筋(遅筋=Slow muscle))と白筋(速筋=Fast muscle)の2種類があります。
赤筋は脂肪をエネルギーに、白筋は糖をエネルギーにします。 赤筋はゆっくり長い時間収縮するのが得意です。(マグロのように太平洋を遠泳するには赤筋が必要です)。
それに対し、白筋は早く短時間収縮するのが得意です。(ヒラメのように速くは動けるけど長くは動けない)。
脂肪を燃焼させるには、『赤筋』を動かさなくてはいけないのですが、それには筋肉層の奥深く骨格に近いところまで動かさなくてはなりません。この『遅筋』を動かす為には多目の電圧が必要ですが、従来の低周波によるEMSでは皮膚表面でかなりの痛みを伴うことになり、出力が上げられないのです。つまり、どうしても効果が小さくなります。(人間の意志による上回る筋力をEMSで行うには30V以上が必要です。)

有酸素運動は脂肪燃焼のキモ!
筋肉は運動を始めるとまずは『糖』をエネルギーとして使います。食後すぐのエクササイズがいけないのは、体に回りはじめた『糖』を先に使用するので、効果が出にくくなるのです。
運動を始めて10分〜15分くらいしてから、はじめて『脂肪』が代謝しはじめます。
そうです。有酸素運動でないと脂肪は燃焼しないのです。
尚、あまり長い時間レジスタンス運動を行うと、脂肪〜タンパク質へとエネルギー源がかわるので、運動のし過ぎも良くありません。

周波数による効果の違い
低周波
1〜1000Hz:周波数が低いので皮膚への抵抗が大きい。皮下数ミリ(3〜5mm)の浅部で7〜8割が拡散されてしまい、残ったものが浸透します。
この効果を上げるためには、電流量を上げていくしか方法がありませんが、あまり無理をすると皮膚に火傷をつくる恐れがあります。

中周波
1000〜20000Hz:皮膚の抵抗は低周波よりも少ないので皮下3〜4cmまで透過します。

高周波
〜500000Hz:皮膚から10〜15cmまで透過することが出来ます。
脂肪を燃焼して収縮する赤筋および神経根まで通電することが可能です。

備考
人体の皮膚には電気に対する抵抗があり、その抵抗は周波数が低いほど大きく、周波数が高い程小さくなる特性があります。
生体に対して一定の周波数、一定の波形、電流を流し続けるとだんだん筋肉の運動が少なくなっていくことがあります。これは刺激に対しての閾値(効果が出る数値)が上がるためです。これを防ぐために、当院では広帯域多重複合波(ランダムアクセス波)というすべての周波数の波形を変えながら発生することのできる装置を使用しより効果的に脂肪を燃焼させることが出来ます。
戻る serviceに戻る
Homeに戻る

サムズアップ住所

Copyright (C) 2002 Thumbs Up All rights reserved.